大学ICT推進協議会 2022年度 年次大会

  • 2022年12月13日(火)~15日(木)
  • 仙台国際センター(ハイブリッド開催)

2022年度 年次大会

お知らせ

◆発表申込みの受付は10月10日(月)まで、講演登録内容の修正および論文提出の受付は10月17日(月)までに延長されました(10月1日公開)。

◆基調講演の情報を公開しました(9月16日公開)。

参加・発表出展申込を開始いたしました(8月8日公開)。
※出展ブースのお申込枠が残り僅かとなっております。定数に達し次第受付終了いたしますので、お早目のお申し込みをお勧めいたします。

 → 定数に達したため、受付終了いたしました。(9月27日 13:30更新)

 → 出展者各位よりのご要望にお応えし、僅かではございますがブース枠を増設いたしました。お申込みを再開いたしますので下記リンクよりお申し込みをお願いいたします。
但し、追加募集数は若干数となっており、先着順となりますことご了承ください。また、お申込みいただいたのち、配置の都合上、受付不可となった場合は改めて事務局よりご連絡いたしますのであしからずご了承ください。(9月29日 15:30更新)

 → 定数に達したため、受付終了いたしました。(9月29日 17:30更新)

 

展示会・協賛募集要項を公開いたしました。

開催概要

日時:2022年12月13日(火)~15日(木)
場所:仙台国際センター(ハイブリッド開催予定)

〒980-0856 宮城県仙台市青葉区青葉山(Phone: 022-265-2211

基調講演

Leading What’s Next

 

John O’Brien 氏 
EDUCAUSE President & CEO
https://members.educause.edu/john-obrien-5

While the pandemic has stress-tested the important work of higher education, it has also brought about tectonic changes that technology leaders across campus must understand. EDUCAUSE president John O’Brien will share what he and EDUCAUSE research suggest leaders need to know as they think about what’s next. In many ways, times are challenging; in many other ways we are experiencing emerging opportunities for positive change in spite of the continuing challenges over the last few years.

東北大学における業務のDX推進

藤本 一之 氏
東北大学情報部デジタル変革推進課
特命課長(兼)課長補佐

新型コロナウイルス感染症が大学に及ぼした影響は多岐かつ広範にわたります。大学では感染防止やオンライン授業の実践などに万全の対応をとることはもとより、職員の業務の在り方も、社会のデジタル化の進展に対応して大きく変わっていかざるを得ませんでした。2020年6月の「オンライン事務化宣言」発表から始まり、これまで約2年間にわたってアジャイルかつスピーディーに推進してきた東北大学の業務のDXを紹介いたします。

内容

全体会 12 月14 日(水)に実施(予定)
一般セッション(口頭発表・ポスター発表) ICTを活用した事業実践やシステム構築などについて一般公募した演題です。
企画セッション AXIESの各部会が中心となり、1つのテーマに絞った講演などを行います。
展示・出展者セミナー ICT関連企業の最新製品の展示、技術セミナーなどが開催されます。
オープニングギャザリング(12月13日)・情報交換会(12月14日) 参加者の皆様に相互交流いただく場を設ける予定です。参加費は無料です。
 
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする