現在位置: ホーム ニュース Ja Sakaiカンファレンス 2013

Ja Sakaiカンファレンス 2013

 Ja Sakai コミュニティでは3月13日(水)に京都大学にて「学びの復権に向けたポートフォリオ文化の醸成と情報環境」をテーマとした第6回 Ja Sakai カンファレンスを開催いたします.

 基調講演では ePortfolio 発祥の地とも言える米国ミネソタ大学でプロジェクトを推進されてきた Treuer氏と Smith氏による講演を予定しています. 続く特別講演では基調講演で述べられた考え方をベースにして開発されこの4月から利用が開始される京都大学の事例について梶田先生に解説いただきます.

 招待講演では昨年 Jasig と Sakai Foundation が合併して設立された Apereo Foundation から代表の Baron氏をお招きし Sakaiコミュニティの将来の方向性を示していただくとともに,現在開発が進められている Learning Analytics システムについても報告していただきます.

 一般講演では Sakai を活用して様々な教育システムを開発している国内大学から報告が行われます.
 多数の皆様のご参加をお待ちしております.

申し込みはプログラム「参加申込」にあります「申し込み用Webサイト」 (https://pm.media.hosei.ac.jp/apply/) にてお願いいたします.

【公式ホームページ】 http://www.sakaiproject.jp

【概要】
開催日:    2013年3月13日(水)
場 所:    京都大学 法経済学部本館1階西 法経第四教室
               (http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm の4番)
主 催:    Ja Sakai コミュニティ,Sakai Foundation
共 催:    京都大学,兼松エレクトロニクス,新日鉄ソリューションズ              
後 援:    大学ICT推進協議会  
定 員:    200名
参加費:    無料
参加申込:   申し込み用Webサイト ( https://pm.media.hosei.ac.jp/apply/  ) にてお申し込みください.
申込締切:    2013年3月10日(日)

【プログラム】
  9:50 - 10:00  Opening Remarks   Ja Sakai 代表
10:00 - 11:10 基調講演
Literacy Skills for ePortfolio Success 
       Paul Treuer (Director, Supportive Services Program, University of Minnesota Duluth)
       Janice A. Smith, Ph.D. (Consultant, Three Canoes LLC)

11:10 - 12:00  特別講演
京都大学におけるポートフォリオ情報環境戦略の開発と実装     梶田 将司 (京都大学)

13:30 - 14:20 招待講演
Sakai Project Future & Learning Analytics system for Sakai
       Josh Baron (Pro Tem Chair of the Apereo Foundation, Senior Academic Technology Officer, Marist College)

14:30 - 17:30 一般講演セッション
Ja Sakai活動報告      Ja Sakai幹事会
名古屋大学におけるSakaiの活用事例の紹介    大平茂輝(名古屋大学)
Sakaiとの連携システム:CEAS/SakaiとS-maqs   本村康哲(関西大学)
Sakaiを利用したプログラミング学習支援システム 藤井聡一郎(明治大学)
電子透かしを活用した紙文書とSakai連携     常盤 祐司,宮崎 誠(法政大学),山田勇樹(兼松エレクロニクス),佐藤悦志(富士ゼロックス)
(他 2件 )

18:00 - 20:00 情報交換会 (会費制:4,000円)

お問い合わせ

Ja Sakaiカンファレンス事務局
       Mail: conf2013@sakaiproject.jp