現在位置: ホーム ICT利活用調査 BYODを活用した教育改善に関する調査研究

BYODを活用した教育改善に関する調査研究


【調査終了のご案内】

高等教育機関等のみなさまにおかれましては、AXIESの実施しております「BYODを活用した教育改善に関する調査研究」へのご協力を賜り、誠にありがとうございます。

本年度の調査は2017年2月末をもちまして終了いたしました。ご協力を頂いたみなさまに感謝申し上げます。なお、本調査の結果は2017年度に本HPにて公開される予定となっております。


概要

このたび、一般社団法人大学ICT推進協議会(AXIES)においては、文部科学省高等教育局の協力を得て、「BYODを活用した教育改善に関する調査研究」を実施し、我が国の大学におけるBYODの実施及び教育改善への活用状況等を調査することとなりました。 本アンケート調査では、我が国のICT活用教育の現状における特徴を明らかにすることを目的とし、全国の高等教育機関(約1,200機関)を対象に実施いたします。 関係各位におかれましては、本調査の趣旨をご理解いただき、ご協力方よろしくお願いいたします。

調査関連情報

  • PDF版の質問紙はこちらからダウンロードできます。
  • 大学等コードはこちらで確認できます。
  • 本調査に関するFAQはこちらよりご覧いただけます。

 

注記

本調査は、京都大学、放送大学教育支援センター(旧ICT活用・遠隔教育センター)、旧独立行政法人メディア教育開発センターが平成17年度より実施してきた、eラーニング等のICTを活用した教育の現状把握及びその分析を行う調査を引き継ぐ形で実施しております。

問い合わせ先

大学ICT推進協議会 ICT利活用調査部会(担当:重田)
E-mail:ict-survey@axies.jp