現在位置: ホーム イベント 九州大学基幹教育におけるeポートフォリオと教育ビッグデータの利活用に関するシンポジウム

九州大学基幹教育におけるeポートフォリオと教育ビッグデータの利活用に関するシンポジウム

日時 2015年02月20日
13時00分 から 17時00分 まで
場所 九州大学伊都キャンパス センター2号館3階 2303号室
参加者 大学において教養教育を担当されている教員を主な対象としています。
イベントをカレンダーに追加 vCal
iCal

九州大学基幹教育院では,教育の質の向上支援プログラム(EEP)の取り組みとして,基幹教育における実践知の共有による授業改善を目的に,「ティーチングポートフォリオの開発と導入」を目指しています。また,基幹教育で利用されるデジタル教材のコンテンツを共有し,そのページの閲覧履歴やe-Learningシステムなどの様々な情報を統合して,教育ビッグデータを構築し,細かな教育・学習のサポートを計画しています。

これは,(独)情報通信研究機構(NICT)の平成26年度「ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の研究開発」に採択されました。本シンポジウムでは,これらの取り組みについて,招待講演と九州大学での活動の報告を行います。

シンポジウムの後は懇親会も計画されています。

演題と講師

「eポートフォリオの活用と導入事例」小川 賀代先生(日本女子大学)

「大学教育におけるeポートフォリオの役割とは?」森本 康彦先生(東京学芸大学)

「大学教育におけるデジタル教科書の利用について」名和 輝明氏(京セラ丸善システムインテグレーション株式会社)

「基幹教育におけるeポートフォリオとデジタル教科書の取り組みについて」緒方 広明先生(九州大学)

 

参加申込は,2月13日までに,こちらからお申し込みください。

連絡なしの当日参加も可能です。