現在位置: ホーム 部会と活動 部会の活動状況 CIO部会 第13回CIO部会会議を開催

第13回CIO部会会議を開催

2017年12月14日(木)10:00~11:30に,ANAクラウンプラザホテル広島 3F「オーキッド」にて第13回CIO部会会議が行われました。
要旨などは以下の通りです。

 

1 日 時  2017年12月14日(木) 10:00~11:30

2 場 所  ANAクラウンプラザホテル広島 3F「オーキッド」

3 出席者  正会員のCIO又はCIOの代理者

4 前回の審議結果の確認(資料1)

CIO部会の主査である北野会長から、資料1により、前回の議事要旨について説明があった。

 

5 協議事項

(1)今年度の活動状況について(資料2)

北野会長から、今年度の活動状況について以下のような説明が行われ、今後の検討課題について意見交換を行ったが、特に意見等はなかった。

・「著作権法改正」に関する課題の共有と意見交換等を実施した。

・著作権法改正に対してAXIESとして資料2の内容のパブリックコメントを提出し、パブコメの作成を担当された広島大学の隅谷先生に前回CIO部会において報告をいただいた。

・CIO部会講演会として、5月18日の本部会で国立情報学研究所の船森 美穂准教授に「デジタルに移行する米国の大学教育-MOOCのその後、大学教科書問題、高等教育のアンバンドリング」について講演いただいた。

・本日の部会終了後、EDUCAUSE理事のJack  Suess先生に“Why IT Matters-Building the Case for University Investment in Technology”(「なぜITが重要なのか:大学における技術投資の事例」)について講演いただく。

 

(2)その他

特になし。

 

6 報告事項

(1)「AXIESの包括契約プログラムについて (資料3)

ソフトウェアライセンス部会の藤村先生から、AXIESとマイクロソフトとの包括契約が一部修正され特典内容が変更されたこと、及び情報セキュリティソフトに関して、現在、包括契約を締結しているシマンテック社との契約を解除する方向で手続きを進めており、その包括契約の解除を想定し、新たにトレンドマイクロ社との間で包括契約を締結する方向で検討を進めている旨の説明があった。また、九州大学におけるウイルス対策の体制、及び今後の予定について報告があり、種々、意見交換が行われた。

 

(2)「BYODを活用した教育改善に関する調査研究の集計結果の概要について」(資料4)

ICT利活用部会主査の重田先生より、平成28年度に実施された「BYODを活用した教育改善に関する調査研究」の結果について、本調査の定義、BYOD の導入状況、重要性、コスト、組織の問題点など幅広い観点から調査結果の報告があり、引き続いて種々意見交換が行われた。

また、今年度についてはICT利活用の継続調査を行うことについて附言があった。

 

7 次回の会議について

2018年5月の通常総会時に開催する予定である旨の案内があった。